ピアノを弾くための姿勢はどうすればよいでしょうか。ピアノを弾くための姿勢作りを詳しく解説します。また、なぜそうしたほうが良いのか、その理由についても解説します。

ピアノを弾くための姿勢は、なんのためにあるのか

答えは『身体を楽に(身体に負担をあまりかけず)』『効率よく正確に』『使う』ために生み出された方法論です。

ピアノの原型ができたのが18世紀(1709年)といわれています。そこから現在までおおよそ300年、色々な人たちが試行錯誤を繰り返し、『いかに身体を楽に効率よく正確に使うためには』を研究し、現在に伝わっている方法論が、ピアノを弾くための姿勢に込められています。

 

姿勢については、長年の先人の知恵をお借りすることにしましょう。そうすることで余計な部分に気をとられることなく上達に専念できます。

この記事を読む上でも全ては『身体を楽に』『効率よく正確に』『使うための方法』ということを念頭に置いて、読んでもらえれば効率的に理解できると考えています。
仰々しく書きましたが、方法自体は難しいものではありませんので、ご安心ください。

ピアノを弾くときの姿勢作り

姿勢を作る上でのポイントは次の3つだけです。

手の形、椅子の高さ、椅子の位置、肩を上げない、リラックスして、などなどありますが全てこの3つを満たすためにあります。

ブランド:ICBbrbSamara チェスターコート/b
br /b b WATCH LM02 b ブランド:agnes LM02 WATCH 腕時計 agnes b A511LM02E16 時計